スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2007年09月30日

プラ版

今回も銃じゃなく使えるもの(プラ版)の紹介です。



隙間がある部分に貼り付けて、ガタをとるというような使い方をしてます。

例として、マガジンが入る部分に貼り付けてマガジンのガタつきをおさえてみた。




KSCのP226Rはもともとマガジンのガタつきは少なかったのですが、プラ版によってさらにガタつきが抑えられました。  


Posted by ユッコ  at 20:14Comments(0)道具

2007年09月23日

セラミックグリス

使ってるものの紹介です。

田宮模型のセラミックグリス



摩擦抵抗の極めて低いボロンナイトライドがパーツ表面をコーティング。作動を滑らかにし、さらにパーツの摩擦を防ぐそうで、プラスチック、金属に使用できます。

通常のメンテではシリコンオイルを使用しますが、このセラミックグリスは、ハンマーとシアーの部分など加重がかかる部分に使用してます。  


Posted by ユッコ  at 17:26Comments(0)道具

2007年09月17日

コンパ運度

ブログのTOPページに 「…使っている道具について、いろいろ書いていきます。」 と書いているので、使ってるものの紹介です。

コンパ運度じゃなくてコンパウンドです。

   

何に使うかというと、金属パーツを磨くのに使ってます。

ティッシュに少量つけて磨けば金属パーツが簡単にピカピカになり鏡面仕上げができ、ブローバックガスガンならブリーチとハンマーが擦れる部分やレールの部分とかの摺動面を磨くことで摩擦抵抗を減らし、スムーズをUPすることができます。

写真に写ってるのはHOLTSのミクロコンパウンド(極細)
ホームセンターの自動車用品コーナーで手に入ります。

とにかくあれば役に立ちます!  


Posted by ユッコ  at 16:48Comments(0)道具

2007年09月09日

プラリペア

プラリペア 買いました!



横にいっしょに写っているのは防犯用のタグ 
明らかに店員が外し忘れている(笑)

プラリペアは通常の接着剤、パテと違い、化学結合により接着するため高い強度(アクリル樹脂と同程度)が得られるのが特徴です。



箱の中には必要なものが全部入ってます。

パテに比べて容量の割りに高いですが、スライドにひびが入ったとき役に立つだろうし、簡単な形状の部品なら複製できそうです。  


Posted by ユッコ  at 20:56Comments(3)道具

2007年07月03日

身近にある便利なもの

台所用スポンジ
  
こいつを使うと塗装面にヘアライン仕上げができます。

  
                    ↑
                  こんなん
              ※写真はイメージです。

使い方は簡単、硬いほうを塗装面に一定方向に動かし、こすり付けるだけ。

初期ロットのKSC G17のテカテカのフレームもこいつでこすればつや消し仕上げにできます。  


Posted by ユッコ  at 08:35Comments(0)道具

2007年05月30日

アダプター

次期ガスガン用ガスの主成分となるであろうHFC152aを使用しているエアダスター缶からガスを注入するためのアダプターを探していたところ100均で見つけてしまった!
自転車用の携帯空気入れについているアダプターがちょうどぴったり


WA、KSC、マルイと3社ともちゃんとガス注入できます。
  


Posted by ユッコ  at 09:11Comments(3)道具

2007年04月29日

エアタンク

プロテックの『ブル01デルタ』

環境にやさしく、気温が低くてもガスガンが快調作動する優れもの。

今年、改正された銃刀法により3.5J/cm2を超えるエアガンの所持が禁止されたため、それに従いエアタンクも改良することにしました。
エアタンク(外部ソース)自体は禁止されていませんが、使用する銃によっては銃刀法に引っかかる可能性があるので念のためということで作業開始。
内容はレギュレータの稼動範囲を制限し、設定圧力以上に調整できないようにすること。

詳しくはhttp://1st.geocities.jp/gunshootingandcustom/参照

すべて、手作業で行ったので半日も費やしてしまった!

こんな、面倒なことしなくてもプロテックからレギュレーターリミッターを買えばいいんですけどね…
メーカー側がマガジン内が高圧になったらガスが抜けるようにリリーフバルブを取り付けてくれたらもっといいんですがね…

とりあえず、成功したので安心してエアタンクが使えます(´◇`)  


Posted by ユッコ  at 21:01Comments(0)道具