スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年06月17日

ガスカットのタイミング変更

夏に向けてガスカットのタイミング変更を実施

銃はKSCのSTIシステム7版

気温が高くなってガス圧が上がると負荷がかかり破損しやすくなるので、ブローバック時のガスカットのタイミングを早めることで負荷を減らそうというのが主な理由


まずは、ブリーチをパーツクリーナーで完全脱脂してからエポキシパテ(金属用)で溝部分を必要なだけ埋める。

ある程度形を整えておくが最終仕上げはやすりで行う。

写真の状態で約6㎜ガスカットのタイミングを早めるようになっている。





パテだけだと固いとはいえ作動時にぽろぽろと削れてくるので、補強のために0.1㎜のSUS板を曲げたものを上から接着



100発ぐらい撃ってみたが剥がれたりすることは無さそう
動作も問題なし




マルイのXD にも同様の処置を施した。
こちらはSTIに比べてシリンダーのストロークがだいぶ長いので10mmほどガスカットのタイミングを早めた。
  


Posted by ユッコ  at 21:32Comments(0)STI(システム7)