スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2007年06月27日

プレゼントの当選者

そろそろアレが発表される時期か?と思いKSCのページを見てみると
やはり出ていた!

しかし…

自分の名前はなかった orz
今年もダメか~
まあ、欲深い奴には当たらんということですな。

ちなみにアレとは銃を買ったときについてくるアンケートはがきを出すことによって毎年抽選で新製品が10名にあたるというものである。

これだけでは内容が寂しいので題名に関係あるものを紹介

それはG23F
なにが関係あるのかというと、実は過去にKSCのプレゼント当選者としてG23Fが当たったのです。
GLOCKのなかではもっともバランスの取れたデザインであるG19とフルオートができるG18Cのどっちを購入しようか悩んでいるところに両方を足したようなG23Fが登場。
とあるエアガン雑誌の記事で紹介されているのを見て本気で欲しいと思った。

しかし…

当時高校生であった自分は金が無く、買えそうもない。
そんなとき、ある日学校から帰ってみるとなにやら荷物が届いているではないか!
送り主はKSC
なんか頼んだっけ?
荷物を開けてみると「プレゼント当選おめでとうございます。」の紙といっしょにG23Fが!
あのときはすげーうれしかったです。

そのG23Fは今でもガンガンに動きます。
今のところトラブルも一切ありません。
ブリーチをG26Cのマグネシウムブリーチに交換しているので連射速度がUP。
すごくいい銃です。


  


Posted by ユッコ  at 19:37Comments(1)KSC

2007年06月18日

ブローバックガスガンのチューン

ガスブローバックガンの心臓部であるシリンダー&ピストン
機種によってはこのシリンダーとピストンの間に隙間があり気密がとれてないものがあります。
気密がとれてないと本来の性能が発揮できません。
今回はこのピストンとシリンダーの気密性をよくする方法を紹介。
写真がないので図で説明すると

上の図のように大体のものはピストンに取り付けられたOリングもしくはYリングで気密を確保していますが、中には隙間があり気密がとれてないものが存在します。
そこで、下の図のようにピストンのOリングもしくはYリングがついている部分に水道管補修用のシールテープやビニールテープをまいて外径を大きくし、気密がとれるようにします。

手軽なチューンなのでおすすめ
  


Posted by ユッコ  at 21:25Comments(0)その他

2007年06月09日

マグナテック

今回の題材はこいつ

  WA マグナテック コルト ガバメント MkⅣ シリーズ80

低価格で最新のハイスペックカスタム Ver.3 が手に入るということでつい買ってしまったガンです。
性能はさすがWAといったところでマグナブローバックによる強烈な反動(スライドがHWだったらもっと反動強くなるのになぁ~)が味わえ、HOP性能も以前のものと比べると格段に良くなってます。
ただ、仕上げはいまいち。
特に、金属部品はマルイとかKSCのように黒染めではなくて塗装なので使っているうちにすぐにはがれてきます。
あと、スペアマガジンは値段が高い
とりあえずマグナブローバックの反動を味わってみたい!って方にお勧め。


バルブはWA純正カスタムパーツ アルティメットバルブ(赤)に交換


ローディングノズルはGUARDERのポリカーボネート製強化ローディングノズルに交換





  


Posted by ユッコ  at 20:56Comments(0)WA

2007年06月02日

M945の不思議?

M945を完全分解してみて気づいたけど、インナーピストンの形状が他の機種と少し変わっている。

上が通常のもの(写真はSTIのもの)
下がM945のもの

M945より後に購入したUSP.45では上の形状のものが使用されていたのでマイナーチェンジではなさそうな気がする。
M945だけこのようにする必要があるのだろうか?
う~ん 謎だ。  


Posted by ユッコ  at 16:51Comments(4)KSC