スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年08月10日

クイックローダー

クイックローダーのレポ



外観は写真の通りマガジンの形状をしてます。



でも、本体には入りませんw



半透明なので残量が分かる。

KSCによると400発入るらしいです。



ちなみに、弾は底面のふたを開けて入れるようになっている。



使い方は、まず収納部のふたを開けてアダプターを取り出す。



そして、上のふたをパカッと開ける。

弾が先端まで出てきてるが、こぼれないようになってる。

また、蓋も開閉位置それぞれの箇所でカチッと固定されるようになってる。



続いて、アダプターを装着(いちいち取り出して装着するのが手間)



後は、ロックを解除してから、



マガジンのリップ部分とアダプターを合わせて底面にあるボタン?を押せば給弾できる。

1回押す度に4発給弾出来ます。



分解してみたところ



シャフトのギザギザに沿って左の部品が前後することで、弾が給弾口に導かれる構造。



先端にOリングがあるので弾がこぼれないようになっている。

定価¥2,000なのでマガジンの形をしたただのプラスチックケース程度にしか考えていませんでしたが、なかなか良くできています。

  
タグ :KSCM4パーツ


Posted by ユッコ  at 20:31Comments(0)M4

2011年08月01日

KSC M4 ライトウェイトボルト





KSC純正のカスタムパーツ

『M4スチールボルトセット(ライトウェイト)』を購入

(ついでに『M4クイックローダー』も購入)

そして、さっそく分解



ボルトが亜鉛合金から鉄系の素材に変更されているのと、肉抜きによる軽量化が施されている。

ボルト単体での重量は以下の通り


ノーマル:220.0 [g]



スチールボルト:163.5 [g]

約26% 軽量化されてます。


ボルトストップがかかる部分は


ノーマルでは焼結金属の別部品であったのが、


スチールなのでそのままになってる…

と思いきや、焼き入れがしてあってこの部分だけ硬度が上がってる。

恐らく焼結合金と同等かそれ以上

ちなみに色が変わってるとこが焼きが入ってる部分





フルオートシアーと当たる部分も同様。



ローディングノズルの比較

パッと見は同じだが…



今まであった真鍮製のスリーブが無くなっている。



プラグもプラスチックからアルミ製に変更

アルミ製とはいってもMP7のやつ(写真一番下)とは形状が異なる。



ピストンのパッキン部分がOリングからただの出っ張りになってる。



ローディングノズルを固定してる部品がプラスチック製から鉄系の素材に変更で大幅に強度が向上

形状も変わっており互換性は無い。



撃った感じは箱出し状態だと、今使ってるノーマルボルト+MP7のアルミ製プラグでカスタムしたものに比べてリコイルも連射サイクルも劣っている感じ。

だが、それはローディングノズルとボルトがスカスカで気密がうまく取れていなかっただけで、Oリングが入る溝にテープを巻いて気密性を上げてやったら驚くほどガッツリと動くようになった。

連射サイクルも向上しているのが分かる。

値段は高いがかなり良いパーツだと思います。

次回は同時購入したクイックローダーのレポを予定
  
タグ :KSCM4パーツ


Posted by ユッコ  at 22:35Comments(2)M4